まだ拙いラルフの

そうしなければならないとい例えば

日本人の留学生がじっくり英語を学ぶ環境として次の5つのポイントが揃っているのです。
ハリファックスには、安全であること。英語漬けになれる環境があること。英語を学ぶためにも、カナダ人との出会いが多いこと。都会過ぎず、田舎過ぎない。ちょうどいい大きさであること。真剣な留学生が多いこと。あなたにハリファックスをお勧めする理由は、ズバリ!この5つのポイントが揃っている場所だからなのです。順番に見ていきましょう。安全であること。治安について:1ハリファックスは安全な町かな?治安は大丈夫かな?カナダ留学·ワーキングホリデーの滞在先を検討している方の中には、治安についての心配をされている方も多くいらっしゃると思います。
あなただけでなく家族や友達も、治安はとても気になると思います。
日本から遠く離れた海外の町。やはり危険な目に遭うのは誰でも嫌ですし、トラブルに巻き込まれるのは絶対に嫌ですよね。
まず安心して頂きたいのは、ハリファックスは留学生にとって安全に暮らせる町だということです。
常識的な感覚はとても大切です。夜中にひとりでダウンタウンをふらふらしない。大金を持ち歩かない。高価なアクセサリーなどを身に付けて出歩かない。などなど。自分の身を守る上で、もちろん、狙われる原因になるようなことはやめましょう。
実際にハリファックスに語学留学·ワーキングホリデーをした留学生の皆さんにインタビューをしても、ほとんどの方が、安全で危険を感じたことはないとおっしゃいます。
わたしもハリファックスに留学生として生活していた経験がありますが、特に危険を感じたり、危ない、怖い、と思ったりしたことはありませんでした。
気を付けて欲しい場所がいくつかあります。
そういう人でも

カナダの他の州に比べ

でもまだまだあります例えば

ハリファックスの中にも、今この小冊子を読んでいらっしゃる方は、おそらく日本にいて、ハリファックスがどんな町かなと情報を集めている方だと思いますので、細かい地名を挙げてもピンと来ないかもしれませんが、特にアパート探し、シェアルーム探しをするときには、治安の悪いエリアを選ばないように十分ご注意ください。
家賃が安いからと言って飛びつかないようにしてくださいね。学校の先生やホストファミリーに相談すると、いろいろと教えてくれます。
ハリファックスで比較的治安が悪いと言われるエリア:ノース·エンドGottingenStreet周辺マクドナルド·ブリッジ周辺ハリファックス側·ダートマス側スプライフィード500番地台夜中のダウンタウンダウンタウンは普段は全く問題なく安全な場所ですが、夜中になるとバーで酔った人たちのケンカなどが起こったりしますので、留学生の皆さんにはないと思いますが、夜中まで出歩くのは控えましょう。
注意を促すために書いていますが、ダウンタウンはカフェやレストラン、バーなどが多く並び、とても楽しく夜を過ごせる場所です。
ある程度の自分の身を守る感覚·常識をお持ちであれば、全く危険を感じずに安心して留学生活を過ごせる町ですので、ご安心ください。
ハリファックスは、英語漬けになれる環境があること。2日本語を1か月間以上話さないことも珍しくありません。●語学学校には他にも日本からの留学生がいると思いますので、日本人を見かけることはあるかと思います。
ですが、学校の外に出ると、ホストファミリーはすべてカナダ人ファミリーになりますので、自分から日本語を話そうと機会を探さない限り日本語を話すことは日本人を見かけることはあまりありませんし、ありません。
語学学校の中では、母国語が禁止です。つまり日本語を使えません。(でも日本人が少ないので話す相手がおらず、ルールを破ることも少ないと思います。)当センターをご利用頂いた留学生の方たちも、「日本語は日本にいる家族と電話で話すときに使うくらいで、それ以外は普段まったく使いません。」


アメリカ連邦から直ちに侵略戦争を仕掛けられている
アメリカ連邦から直ちに侵略戦争を仕掛けられている

ロサンゼルスへと向かう

このようにハリファックスではという方が多いですし、「同じ日本人同士でも英語で話すので、お互いに日本語を聞いたことはありません。」こういった方たちもよくいらっしゃいます。ハリファックスは学生の町!カナダ人ルームメイトと生活出来る!実はハリファックスには多くの大学があり、学生の町と言われています。
カナダの色んな都市から生徒が集まってきているので、学生がとても多いです。
シェアルームで生活しているカナダ人がとても多いのです。ダウンタウンから歩けるエリアにほとんどの大学がありますので、その近くでシェアルームつまり、を探してカナダ人と一緒に生活をすれば毎日英語を使うことになりますので、英語学習にもとてもプラスになりますよ。
ホストファミリーは100パーセント、カナダ人ファミリー.先ほども少し書きましたが、ハリファックスの語学学校が提供するホームステイは、カナダ人の家庭です。
英語が母国語のネイティブスピーカーと一緒に住むことにより、生活レベルで英語に触れることが出来るので、あなたは自然な英語を身に付けることが出来ます。

活発で自然やトレッキング大好きな点は英語をしっかり学び※バンクーバーやトロントなどの大都市のホームステイの多くは、カナダ人ファミリーでないことが多いです。
このようにハリファックスでは、あなたの英語力を上げるために、「英語を目にする、英語が耳から入ってくる」という英語のインプット、そして英語を話すという英語のアウトプットの場面を日常的にたくさん得ることが出来ます。
英語を学ぶためにも、カナダ人との出会いが多いこと。3ハリファックスという町の特徴の1つに、フレンドリーな人が多い!ということがあります。どれくらいフレンドリーなのかは、人それぞれ感じ方が違うのでお伝えしにくいのですが、あなたもハリファックスに行くとすぐに体験すると思います。
前から来る人と目が合うと、Hi!例えば、道を歩いていて、って声をかけ合ったり、お互いにスマイル交換したり、バスに乗っていると隣の人が話しかけてきたり、コーヒーショップの店員が話しかけてきたり、知らない人同士でもコミュニケーションがあるのです。
わたしの実体験ですが、以前ハリファックスに住んでいるとき、ダウンタウンのアパートに住んでいたのですが、3ブロックほど先に住んでいた友人が日本に帰国するということで、ソファを引き取ることになりました。

カナダなのでその自分の専門しか知識がありません

そしてそのソファをその友人と運んでいたら、3ブロックの間に3人くらいの人に、「大丈夫?
手伝おうか?」って声かけられました。知らない人ですよ。お言葉に甘えて、わたしのアパートの前まで一緒に運んでもらいました
ダウンタウンの真ん中で地図を広げて困った顔をしていると、すぐに誰かに声をかけられたりします。
「大丈夫?どこ行きたいの?」知り合いや友達になった人なら、もっと色んなコミュニケーションがあったりするのです。
ハリファックスは必要なものは何でも揃う小さな都市でありながら、田舎のフレンドリーな部介も兼ね揃えているのです。せっかく英語を学ぶなら、話しやすいカナダ人がたくさんいる町で英語を学んでみたいと思いませんか?
都会過ぎず、田舎過ぎない。ちょうどいい大きさであること。「ハリファックスは、ちょうどいい規模の都市なんです!」という感想を留学生の方からよく聞きます。わたしもそう思うのですが、いくら英語を学ぶためとは言え、本当にすごい田舎に留学をすると、英語学習的にはいいかもしれませんが、正直、不便ということがよくあります。
勉強の合間や週末に、友達と遊びに行くことも大切です。他の国からの生徒やカナダ人の友達と出かければ、それ自体が英語学習です。
映画館やショッピングモール、クラブ、バー、レストラン、コーヒーショップ、大きくて綺麗な図書館、時には有名なバンドや歌手がやって来てコンサート、そんな楽しみも必要ですね。
習い事も、ほとんどのものは出来ます。,,.逆にそれが多くなりすぎて大都市になってしまうと、自然にアジア人、日本人の数も増えていきますので、トロントやバンクーバーのように、英語学習的にはちょっと不向きな場所になってしまいます。
そんな意味でも、ちょうどいい場所なのです。でも、ハリファックスは真剣な留学生が多いこと。
積極的に勉強していけば


私達のように
私達のように

ケベックの公立校では

5ハリファックス専門の留学エージェントをやっていて嬉しいこと。
こんな話を聞くことです。それは、ハリファックスにある語学学校EastCoastSchoolofLanguagesの先生から聞いた話です。
ある日の金曜日の午後、語学学校ECSLの生徒さんたちは、バスに乗って課外活動へ出かけました。
ハリファックスから少し離れたペギーズコーブという灯台です。参加した生徒さんたちの国籍も豊かで、総勢30人くらいの参加者の中に7~9か国くらいの国籍があったそうです。
学校の外ですし、授業後ですのでみなさんリラックスした様子で、だんだん同じ国出身の生徒さん同士で、自分たちの国の言葉を話すようになってしまったそうです。
中東からの生徒さんたちはアラビア語、韓国からの生徒さんたちは韓国語といった感じです。
でもその先生が感動して話してくれたのは、その30名の参加者の中に5名ほどいた日本人しか嬉しい気持ちでいっぱいでした。
わたしはとても誇らしいというか、「こんなことするのは日本人の生徒たちだけだよ。」その中に当センターを利用してくれた留学生の方も数名いましたので、この先生は言いました.ダ人の光”ずーっと英語で話していたそうです。
日本人の生徒さん5人日本人同士で話しているのに、の生徒さんたちだけは、日本人の生徒さん5人とカナダ人の先生の6人でずーっと英語で会話していたそうです。
もちろんこの先生は英語しか出来ないので、この先生が言うには、も、英語を話していればいいんですよね。
英語を話す人を引き寄せたければ、シンプルな引き寄せの法則です。
英語が話せる人が集まってきます。

ゆっくりでもクリアな