マクドナルド

しかし違うだけではなく

モントリオールでもWelcomeclassというのがあり、そこではフランス語がほとんど分からない子が1日中フランス語のみ勉強子供が通常のクラスに移っても大丈夫と結果が出て初めて通常クラスに移り通常の授業になります。
子供がまだ小さいなら言葉の吸収も早いですが、ある程度大きくなってからは、すごく大変みたいです。
そうなると、今度は、子供達は地元の友達に囲まれ、どっぷりと地元の言葉に浸ります。
これは、両親とも日本人の方のお話。両親が日本人で、子供がある程度大きくなってからカナダに来たらしいですが、子供が地元の生活になじんでしまい、うちで日本語を話すのが苦痛になったらしいのです。
でも帰宅したら、まだ子供なのでお母さんと学校であった事を話したい。
ある時、小6になった息子さんが帰宅後、その日学校であった事を英語で話し始めたそうです。
で、お母さん、ここで英語で答えると子供は日本語を忘れると思いそうしたら知らんふりをした。
「Mom,youshouldlearnEnglish!」つまり、おかあさんに英語習いなさいよって言ったわけです。かりにあなたが私のように他国に住んでいるとして、想像して下さい。
あなただったら自分の子供と自分の母国語でコミュニケーションを取りたいですか、それとも母国語以外の言葉で一生コミュニケーションを取っても構わないか?
良くあるパターンで、日本語の例。カナダでは結婚でこちらに住んでいる日本女性が圧倒的に多いです。
母国の家族を移民させるために、自分がどうにかしなきゃって永住権を取りに来る人はいません。
カルチャーもあって日本人の母親は、他国出身の母親に比べ、子供が小さい時は働かず、子供と一緒にいる人が多いです。
他国出身の母親は、子供を預けてでも、子供が小さくても働きに出るケースが多いです。
なので日本人の子供は、小さい時、ちゃんと母親と日本語で話します。
そこで日本人ママは、この子は将来おしゃべりは勿論、日本語の読み書きも日本人同様完ぺきになるぞ!と期待します。幼児·小学校低学年になると、お母さん達は、子供に日本語も読み書きを理解してもらいたいので、教材を買ったり、日本語学校に行かせたりし始めます。
子供は、なんとかひらがなや片仮名を覚え始めます。簡単な漢字も書き始めます。スゴイです。そこで母親は、いい調子!うちの子って天才~と思う訳です。
カナダでの生活ではすべての経験が

産量が少ない

フランス語系の学校ですが

しかし子供が地元の小学校に行き始め、ある程度の年になると子供はどっぷりと現地の言葉に浸ってしまいます。
母親も、あまりにもこちらの夫が「働け!フェアじゃない!」と言い続けるし、今の給料じゃ子供に習い事もさせられない。しかも時間の余裕ができ始めたので、ママは学校に行き始めたり、働き始めたりします小1位まではわりと日本語読み書きができて話せていた我が子が、だんだん返答も現地の言葉、しかも日本語が進歩しなくなった事に、親はあせりを感じ始めます。
どうにかしなきゃ!旦那があまり家事をやらないし、子供には日本食好きになってもらいたいので、仕事や学校の後も日本食の手料理等の家事·お母さんは大変です。
疲れて、家では日本語を教えないが、日本語学校へ子供を行かせればなんとかなると思い、子供はあまり乗り気じゃないが、ちょっと無理して日本語学校へ行かせる。
子供はたまーにあるアクティビティは嫌いじゃないが、日本語学校のクラスではあまりできる方じゃないので、ますます面白くない。
大体、土曜日も早起きして日本語学校に行かねばならない。大好きなテレビ番組も見れない。遊べない。テキスト以外、日本語を目にする事もないので、読み書きはすごく大変。
結局面倒で、日本語学校もおしまい。で、残念ながら親が日本語で話しかけて、それは理解できるけど、英or仏語で答えると言う結末になってしまう..全てがこういうパターンではないですが、こういうケースは非常に多いです。
両親は勿論、おばあちゃん、おじいちゃんも日本生まれの日本育ちでしょっちゅうお互い会っている家庭は、違います。


英語を学ぶためとは言え
英語を学ぶためとは言え

英語理解力に誤りがなければ

もしあなたがそりゃ、そういった環境で育った子供は、わりと大人になっても読み書きもちゃんとできていたりします。
まれですがいます。あと、シングルペアレントの場合や、御主人などのパートナーさんがあまり家にいないファミリーは、わりと子供は日本語を話します。
それは家に帰ると、他にチョイスがないからです。MUSTだからです。でも両親そろっていると、親のどちらかが英語またはフランス語を理解するので無理やり日本語に固執しなくてもいいってことになります。
「日本人親は英語又はフランス語が理解できるから大丈夫」という安心感もあるからか、自分に簡単な言語を選び始めます。
通常、親にとって一番心地よいコミュニケーション方法は母国語で話す事。
文法を考えずに話せます。発音の間違えもないです。どんな事でも自由に子供と話せます。それが、今後どうなるか人間、年取ってくると、小さい時の言語が出てきます。
親が年取った時、将来の親子のコミュニケーションはどうなるんでしょう。
これは面白い例ですが、英語系バンクーバー出身の日系カナダ人の御主人と日本生まれの日本育ちの奥さま·90代と80代です。
人娘さんはこちらで育っているし、日本語の学校にも行かなかったので、日本語はなんとなーく分かる程度。
お母さんは今でも娘に日本語で話していらっしゃいます。でも娘さんはきっと全部理解していない。日本人の顔とはいえカナダ人のお父様が英語で同じ事を説明。
アメリカに入国する際当時歓声を受け野球に熱狂したであろう人々を想像することができたなので、随分長い事これでやっているみたいなので、自然とそのパターンが身についているのです。
お二方とも。どうやって子供に接するかは親次第です。子供は小さい時は気にしませんが、だんだんティーソになってくると、自分のアイデンティティ-が明確になってくるようです。
どんな肌の色をしていても、どんな眼の色をしていても自分は00人だというアイデンティティ-が出て来みたいです。
それは親の国かもしれませんし、育った国かもしれません。その時に、親がどうサポートしてあげられるかも大切かもしれませんね。
この小学校は、1年生から6年生まで各2クラス。体育館は地下にあります。遊具と言えば、ボールやフラフープくらいです。たったこれだけのスペースにコンパクトに全ておさまっています。運動場もないので、手前の子供がいる場所が唯.の遊べるスペース。
「カナダのどの町に行こうかな?」「ノバスコシア州ってどこ?カナダの東側?寒すぎない?」「ハリファックスってどんな町だろう?」この小冊子を手にしてくれたあなたは、カナダでの語学留学やワーキングホリデーを予定していて、「カナダのどの町に行こうかな?」と情報を集めている真最中かもしれません。ひょっとしたらもう既に、カナダ東海岸の小さな都市ハリファックスへの渡航を決めているかもしれませんね。
短期でも長期でも、人生で何度も出来るわけではない大切なカナダ語学留学という好機.そして30歳になるまでに一度しか使えないカナダ·ワーキングホリデーという好機上手にプランをして帰国後の人生にプラスになる大きな成果を挙げたいですよね。
人生にプラス日本人には知名度の低い、ハリファックスという町に興味を持ったあなたは「日本人の少ない町で英語漬けの環境で頑張ってみたい!」「カナダ人の友達をたくさん作りたい!」「日本では出来ない経験をたくさんしたい!」「大多数の人たちと同じような留学はしたくない!」「大都市は苦手、海の近くで暮らしたい、自然が近くにある町がいい!」そんな想いで今、カナダ留学をプランしているかもしれません。でも、その一方で.「そんなに日本人が少ない町へ行っても大丈夫だろうか?」「冬は寒すぎないだろうか?」「どれくらい田舎なのだろう?生活に必要なものは手に入るだろうか?」「治安はどうだろう?留学生が安心して暮らせる町だろうか?」

フランス側は

同時に抱えていらっしゃるかもしれません。そんな不安も、大丈夫ですご安心ください。実際にハリファックスで語学留学をして、その後、ハリファックス専門の留学エージェントを立ち上げ、これまで7年間で200人を超える留学生の皆さんのお手伝いをしてきたわたしが、ハリファックスについてご紹介します。
この本では、ご紹介が遅れました。わたしはハリファックスサポートセンター代表の水谷です。わたしの留学生としての体験、留学エージェントとしての経験、そして当センターをご利用頂いた留学生の皆さんの経験談·事例を交えながら、あなたに「英語を学ぶ環境としてのハリファックスの魅力」をお伝えしていきたいと思います。
この小冊子では、この小冊子を読み終えた20分後のあなたはきっと、ハリファックスでの留学生活をイメージして、現地での生活が待ち遠しくワクワクしていると思いますよ。
これから本編が始まります。リラックスして始めましょう!前のページ:「滞在先選びで間違えない方法とは?始まりはいつもあなたから」バンクーバー、トロント、ビクトリア、オタワ、カルガリー、そしてハリファックスなど。
カナダには世界中からやってくる留学生を受け入れている語学学校が、たくさんの都市にあります。
※どの町に滞在するかはとても大切です。その中でも多くの方がバンクーバー、トロントという大きな都市を選ばれるようです。
大きな都市であり、留学生が多いという安心感、大手留学エージェントの現地オフィスがあるという理由で選ばれる方が多いようです。
楽しいカナダ生活を過ごした方もいるでしょうし、「こんなはずじゃなかった…」というカナダ留学を過ごした方のお話もよく聞きます。
どんな町があなたに合っているかを知るために大切なことがあります。
それはー.今回のカナダ語学留学、またはワーキングホリデーを通じて、どんな成果を得たいのか?
どんな自分になりたいのか?そうです。都市選びの基準は、あなたの中にあるのです。例えば、「日本語·日本文化のない場所で生活し、自立できるほどの英語力を身に付けたい。」そんな未来の自分を描いている方がバンクーバーやトロントへ行っても、目標達成は難しいでしょう。
バンクーバーやトロントといったカナダの大都市は、日本にいる多くの方が思っている以上に日本人を見かけること、日本語が聞こえてくることが多いです。
または、「わたしは将来、観光業で働きたい!」
語学学校に専門的な


波動みたいなものがここにはあるのかなと思います
波動みたいなものがここにはあるのかなと思います

また必要に応じて円で

そんな方には、ホテルやレストランが多くあり、観光地としても有名なバンクーバーはとても良い場所になります。
学べることがたくさんあるでしょう。「カナダでは、どんなビジネスが展開されているのか?どんな商品が流行っているのか?」「わたしは将来、カナダを市場にして、またはカナダの企業と手を組んでビジネスを始めたい!」そんな野望を持っている方は、カナダ番の商業都市トロントで学ばれることをお勧めします。
「英語だけじゃなくてフランス語も出来るようになりたい!」という方であれば、フランス語圏のモントリオールが良いですよね。
このように、成功する町選びの第一歩は、あなたが今回の留学を通してどんな白かになりたいのか?何が出来るようになりたいのか?そして何を得たいのか?英語で言うと、Beiなる/Doする/Have得るの3つを考えてみるのが大切です。
わたしはノ、リファックス専門の留学センターをしていますが、バンクーバーやトロントというカナダの都市も大好きです。
バンクーバーやトロントといった大都市が留学先として悪いということではなく、あなたの目的や目標とマッチしているか?理想の白かになれる場所かどうか?ということがとても大切なのです。留学して英語を学ぶのに良い場所と、旅行するのに良い場所、別々で考えてみるといいですよね。
留学中に旅行する楽しみも出来ますし。英語をじっくり学ぶために最適の場所です。この小冊子を読んで、ハリファックスという町があなたの求めている成果が出せる都市なのかを判断してみてくださいね。
ハリファックスは、英語力を上げたいあなたにハリファックスをお勧めする5つの理由:もしあなたが今回のカナダ語学留学、カナダ·ワーキングホリデーで、まずはしっかり英語力を上げたいと考えていらっしゃるのであれば、ハリファックスはとてもお勧めです。
それはなぜか?

踊っている者もいて